人への感動や企業のPRに効果的なビデオ制作を上手く活用しよう!

ビデオ制作会社への依頼の流れ

ビデオ制作をする上で、自分で撮影して編集する方法もありますが、その方法は子供達の運動会や学芸会などのイベントの時には良いですが、人生の晴れ舞台である結婚式においては、やはりプロの制作会社へのビデオ制作を頼むことが多くなると思います。プロの制作会社は機材など機器にも素人とは違うものを使って行いますので、ビデオ制作のクォリティーは格段に跳ね上がります。

[PR]

また、披露宴の撮影だけでなく、式で使うプロフィールビデオやエンドロールなどをお願いするときでもクォリティー違いますので、披露宴での感動をおこし、心に残るウェディングにするのにもっとも効果的な演出となるでしょう。そんなウェディングを目標に掲げている方へ、プロフィールビデオやエンドロールを作成するには、どのように制作会社へと依頼し、どのような流れで完成していくのかをご紹介してまいります。

心の残る感動的なウェディングのために事前にしっかりと依頼の流れを覚えておきましょう。

プロフィールビデオ・エンドロール完成までの流れ

ビデオ制作会社を探す

ビデオ制作において、まずは自分に合ったビデオ制作会社を探索することから始めます。ビデオ制作会社は無数に存在しており、その中でもサービス内容や金額など違いがありますので、しっかりと選びましょう。

ビデオ制作会社へ依頼

ビデオ制作を依頼する会社を決めたら申し込みを行いましょう。最近ではインターネットで申し込みをする場合も増えてきています。

打ち合わせ

実際にビデオ制作会社の人と会って打ち合わせを行います。どのような感じで進めていくか等を決めて、その時に流れる曲をリクエストして、ビデオ制作の構想を練っていきます。打ち合わせの時に、オプションの利用などを聞き、見積もり取るところも多いです。

素材を送る

プロフィールビデオやエンドロールなどの映像には写真がなくてはなりません。プロフィールビデオやエンドロールを製作する為の写真などの素材を送りましょう。

完成した映像を試写する

打ち合わせで構想を練った案を元に、ビデオ制作会社でプロフィールビデオやエンドロールを作成してきたものを一度本人たちによる試写を行います。試写をおこなうのは、制作したビデオが本人達の希望や思い描いていた通りに完成しているかを確認させる為です。この試写を通して、制作したビデオが本人の希望に沿っていない場合には手直しが行われます。

手直しした映像をもう一度確認する

一度試写して、制作会社が手直しした物を確認します。確認をして本人達の希望通りとなっていれば、制作会社はそれをDVDと写す作業へと入ります。

手元に送付される

そして、DVDへとコピーされ、完成されたプロフィールビデオとエンドロールが届きますので、後はそれを結婚式の披露宴の時に流す間補完しておきましょう。

▲PAGE TOP

おすすめWEBサイト 5選

デリヘルを大阪で呼ぶ
http://www.evo-one.net/

最終更新日:2017/2/9